スコーンのこと

DSC_0452

スコーンはお菓子とパンの中間とも言える独特の存在。何といっても、粉の風味が際立つ素朴さが魅力です。北海道産の地粉と九州の高千穂発酵バターを使い、風味豊かに焼き上げています。でもスコーンが一番美味しいのは、焼き上がってひと呼吸おいた頃。その後は時間の経過と共にどうしてもパサついてしまいますが、材料の配合や作り方を工夫して、できるだけ保水力を高めました。お手元に届いたら当日中に召し上がっていただくのが理想ですが、翌日でも大丈夫です。お召し上がりの際は、電子レンジで10秒ほど温めた後、オーブントースターで1~2分、表面をカリッとさせてください。焼き立ての風味と食感がよみがえります。どうかこのひと手間を惜しまぬようお願いいたします。冷凍保存の場合は2週間が目安です。解凍の際は袋ごと電子レンジで30秒ほど温めた後、同様にオーブントースターで2分ほど焼き直してください。スコーンはそのままでも美味しいですが、焼き立てを2つに割り、お好みでクロテッドクリームとたっぷりのジャムをのせて食べるのもおすすめです。

ジャムのこと スコーンのこと クッキーのこと

麦ト果について